0517 20 10 23

利用規約

BBZ / TCN一般条件(バージョン2010)

記事1 定義本一般契約条件では、以下の定義が適用されます。
a。運送人:これらの条件で規制されている顧客との間で1つ以上の契約を締結する権利がある自然人または法人。
b。 顧客:これらの条件で規制されている通信事業者との1つ以上の契約を締結する権利がある自然人または法人。
c。 契約:これらの条件で規制されている運送業者と顧客の間のすべての契約。
d。 客:顧客によって締結された合意に基づいて運送人によって船に入場することを許可された第三者。
e。 航海:契約で指定された期間中に船に出航して船上に留まることの全体。
f。 手荷物:顧客および/またはゲストが一度に簡単に持ち運ぶことができる手荷物。 スーツケース、バッグ、ダッフルバッグおよび/またはバックパックからなる。
g。 船:契約書にそのように記載されている船。
h。 価格:契約書にそのように記載されている価格。
私は。 船長:船を統制する人。

記事2 適用範囲
2.1これらの契約条件は、明示的に別段の定めがない限り、輸送業者および/またはケータリングサービスに関して顧客と締結する、本契約の成立に関するオファーを含むすべての契約、およびそれに関連するすべての契約に適用されます。決定した。

2.2これらの条件は、通信事業者とゲストの間にも適用されます。 顧客はこれにコミットしており、顧客がキャリアに対してこの請求を行った場合、キャリアの責任が除外される限りにおいて、ゲストおよび/または他の誰かがキャリアに対して行ったすべての請求に対してキャリアを補償します。

2.3これらの契約条件は、広義の意味での運送人が契約の締結および/または履行に使用した、または使用したことがあるすべての自然人および法人にも適用されます。

2.4これらの契約条件は、書面で明示的に合意されている場合を除き、他のすべての契約条件の除外および明示的な拒否に適用されます。

2.5個々の変更や追加は書面で記録する必要があります。

2.6これらの条件はオランダ語から外国語に翻訳することができます。 この翻訳の結果、テキストに違いが生じる可能性がある場合は、オランダ語のテキストが優先されます。

記事3 オファー/見積もり
パンフレット、広告、Webサイトなどの形式による3.1Aの一般的な提供は義務を負うものではなく、必要に応じて提供者によって取り消されることがあります。 失効はできるだけ早く行う必要がありますが、顧客による受諾後2営業日以内に行う必要があります。

3.2個々のオファーは、書面または電子的に、日付とともに運送人によって発行されます。 このオファーは、その用語を含めて、それが拘束力のないオファーか取消不能なオファーかを明確に示しています。

オファーには次のように記載されています:a。総旅行金額と前払いする必要がある割合。 b。 支払い方法 c。 1船あたりの最大宿泊人数。 d。 出入りの場所、日付と時刻。 最初のオファーには、これらの契約条件のコピーが添付されています。

記事4 契約
4.1契約は、3.1条で言及されている撤退の場合を除いて、顧客による申し出の受諾によって締結されます。 運送業者は、契約締結後に書面または電子による確認書を顧客に送付します。

4.2顧客は、出発前または遅くとも出発前に、自分自身および登録したお客様に関するすべての情報を携帯電話会社に提供します。

記事5 キャンセル
5.1顧客が契約を取り消したい場合は、書面でできるだけ早くこれを運送人に書面で通知しなければなりません。 運送業者による受領日は、終了日と見なされます。

5.2キャンセルの場合、顧客は運送業者に固定報酬を支払う必要があります。

船舶の補償:出発のXヶ月前までのキャンセルの場合は15%。 出発前6ヶ月までのキャンセルの場合は20%。 出発前5ヶ月までのキャンセルの場合は30%。 出発前4ヶ月までのキャンセルの場合は40%。 出発前3ヶ月までのキャンセルの場合は50%。 出発の2月前までのキャンセルの場合は75%。 出発前の1日までのキャンセルの場合は90%。 出発日のキャンセルの場合は1%。

ケータリングおよびその他のサービスに対する補償:出発のXヶ月前までのキャンセルの場合は15%。 出発の2月前までのキャンセルの場合は25%。 出発の1週間前までのキャンセルの場合は50%。 出発の2週前までのキャンセルの場合は75%。 出発の1日前までのキャンセルの場合の95%。 出発日のキャンセルの場合は1%。

キャンセルの結果として運送人が被った損害が15%を超えて前述の固定金額を超える場合、運送人はまた、顧客にそれらの追加費用を請求する権利があります。

5.3キャンセルの場合、顧客はキャリアに第三者に代行するよう依頼することができます。 運送業者が代入に同意した場合、顧客は€150,00の金額のみを支払う必要があります。

記事6 中断と終了
6.1当事者の一方が契約に基づく義務を履行しなかった場合、相手方は、その特殊な性質または限定された重要性のために不備が正当性を正当化しない場合を除き、反対の義務を停止することができます。

6.2当事者の一方が契約に基づく義務を履行しなかった場合、その特別な性質または限定された重要性のために欠点が解約を正当化しない場合を除き、他方の当事者は契約を終了する権利があります。

6.3通信事業者は、以下の場合にはいつでも即時に効力を発して契約を終了または終了する権利を有します。 - 顧客が失敗した場合、この支払停止が認められた場合、債務再編の話があった場合、 - 顧客は、書面によるデフォルト通知を受けてから5営業日以内に契約に基づく義務を履行しない。 - 記事11メンバー2、3および4に記載されているような状況があります。 - 予期しない状況のために当該船舶は利用できず、運送業者が十分な努力を払っているにもかかわらず、他の同等の船舶を提供することは不可能です。

6.4解約または解散は、それが基づいている根拠を述べながら、書面でなされなければならない。 契約は、顧客が取消通知を受領した後、ただしいかなる場合でも取消通知を送ってから5日後に法外に終了したとみなされます。

6.5解約または解散の原因が顧客に起因する可能性がある場合、それに起因する損害は顧客が負うものとします。

記事7 価格と価格の変化
7.1別段の合意がない限り、価格には地方税およびその他の税(旅行者税、燃料費など)と同様に、港、橋、錠、および操縦費用を含まない。 これらの費用は船上で顧客が支払う必要があります。

7.2税金、関税およびこれに類する政府賦課金の変更は常に請求されます。

7.3合意の締結後に発生した場合、合意された価格に影響する限り、価格の上昇は運送業者によって請求されます。

7.4前段落で言及した価格の上昇の結果として、価格が15%を超えて上昇した場合、顧客は契約を終了するか、または契約をキャンセルする権利を有します。

記事8 支払い8.1支払いは、別段の合意がない限り、予約時に現金で行われます。 現金での支払いには、運送業者によって指定された銀行口座による支払い、または銀行によって認識された電子支払いによる支払いも含まれます。 運送人の銀行/郵便料金明細書に示されている起算日が支払日と見なされます。

8.2分割払いが合意されている場合、顧客は、契約に記載されている分割払とパーセントに従って支払う必要があります。

記事9 後払い
9.1顧客は、デフォルトで支払い日の満了から有効です。 運送業者はその日付の満了後に支払い通知を送り、この支払い通知を受け取った後5営業日以内に顧客に支払いの機会を与えます。

9.2支払い催促状がまだ支払われていない場合、運送業者は支払い日の満了から利息を請求する権利があります。 この持分は、支払期日に対する法定利息に3%を加えた金額に等しくなります。

9.3顧客が召喚された後、未払いの金額を支払うことに失敗した場合、運送業者はこの金額を回収費用で増額することができます。 これらの徴収費用には、司法費用と裁判外費用の両方が含まれます。 裁判外費用は、クレームの最初の€15の2.500,00%と最低€40,00で設定されます。 クレームの次の€10に対する2.500,00%。 請求の次の€5の5.000,00%:請求の次の€1の15.000,00%は、運送業者の損害が少ないことを顧客が証明できない場合を除きます。

請求書に関する9.4クレームは、書面で、適切に説明し説明した上で、関連する請求書を受領してから妥当な期間内に運送人に提出しなければなりません。

記事10 運送業者の義務
10.1運送人は、その知識と能力の及ぶ限りで、そして優れた技量のルールに従って、クルーズを実行するためにあらゆる努力をするものとします。

10.2運送人は、船と乗組員が船が登録されている国の法的要件を満たすことを保証します。

10.3出荷ルートは、事前に別段の合意がない限り、顧客との協議の上、運送業者および/または船長によって決定されます。

10.4常に、運送人および/または船長は航海上の理由で航海を変更することを承認されています。 これには、出発地および/または到着地および/または出発しない場所の変更も含まれます。 海事の根拠には、気象条件、潮汐、水路の封鎖、および船の状態が含まれます。

10.5前の段落で述べたケースでは、運送人および/または指揮官は、顧客と相談して別の解決策を見つけようとします。 合理的である限り、追加費用はすべてお客様が負担します。 運送業者および/または指揮官は、選択された解決策が合理的に実施され得るかどうかを決定する。

記事11 義務の顧客(およびゲスト)

11.1航海の終わりに、顧客は、別段の合意がない限り、乗船時と同じ状態で船を清潔で完全な在庫品で納品しなければなりません。

11.2お客様とお客様は、クルーズ中に法定基準に従う必要があります。

11.3秩序と安全のために運送人および/または船長および/またはその他の乗組員によって与えられた指示は厳守されなければならない。

11.4運送人および/または船長の意見で、顧客および/または顧客が段落2および3の規定に従わない場合、運送人および/または船長は直ちに契約を終了する権利および/または顧客および/またはまたは、その特殊な性質または重要性が限定されているために欠点が解決を正当化しない場合を除き、お客様による船へのアクセスを直ちに拒否すること。

11.5運送人および/または船長から明示的な事前許可が与えられていない限り、顧客およびゲストは荷物以外のものを機内に持ち込むことはできません。

11.6運送人および/または船長から事前に明示的な許可が与えられていない限り、顧客および宿泊客は動物を(ペットとして)飼ってはいけません。

11.7お客様およびお客様は、自分自身または他の人の健康、幸福および/または安全性を危険にさらす可能性のある資材または物品を機内に持ち込む、または持ち込むことを許可されません。 これには、いかなる場合でも含まれます:危険物質、爆発物、放射性および/または有毒物質、密輸品、武器、弾薬および麻薬。

11.8到着日に、顧客は船長にゲストの名前のリストを提示しなければなりません。

記事12 不可抗力

12.1不可抗力とは、運送人がこの状況を回避することができず、法律、合意、または社会的見解のために彼の説明のためではない限りにおいて、合意の実行が遅れるまたは妨げられるいかなる予測不可能な状況も意味します。来なければなりません。

12.2不可抗力は、その結果として船が合意された目的のために使用できなくなり、その損傷が運送人が予見または防止したであろう状況に起因することができなくなる船舶の損傷を意味すると理解されます。

12.3不可抗力により契約が終了した後、不可抗力の状況により契約が終了し、顧客が作業から恩恵を受ける限りにおいて、運送人は発生した費用を返済する権利を有します。です。

記事13 運送業者の責任

13.1運搬人は、慎重な運搬人が回避できなかった状況および運搬人がその結果を防ぐことができなかった範囲内で生じる限りにおいて、死亡または怪我によって引き起こされた損害および/または品目に対する責任を負いません。 運送人は輸送手段としての船の健全性と適切な機能に責任があります。 慎重な運送人は以下の状況を避けられなかったと考えられます。 爆発 熱 寒い。 げっ歯類や害虫の出現。 腐敗 漏れ 溶ける。 発火および腐食。

13.2運送人の責任は、意図的または故意の暴走の場合を除き、第8:518 BWおよび8:983 BWに基づいてAMvBが決定した金額に限定されます。

13.3 10の条項によって運送人が彼に課された義務を遵守しないことで運送人に支払われるべきであるという補償は、船の賃貸料について合意された価格に限定されます。

13.4顧客および/またはゲストの過失または過失が損害を引き起こした、またはそれに寄与したことを運送人が証明した場合、運送人の責任はこれにより完全にまたは部分的に取り消されます。

13.5運送業者は、予期しない状況のために合意された船舶が利用できないため、遅延、合意された開始および/または終了時刻からの逸脱、または交換用船舶の提供によって生じた損害について責任を負いません。

記事14 顧客(および客)の責任損害が運送人の行動または不作為によるものである場合を除き、顧客は、自分または招待状で船に乗っている客によって生じた損害について責任を負います。

記事15 苦情

15.1契約の履行に関する苦情は、顧客が欠陥を発見したか発見できた後に、完全かつ明確に記述され、運送人および/または船長に提出されなければなりません。

請求書に関する15.2クレームは、可能であれば、書面で提出し、関連する請求書の受領後10営業日以内に運送業者および/または司令官に適切に説明しなければなりません。

15.3クレームを期日通りに提出しなかったことによる結果は、お客様の責任になります。

記事16 紛争本契約に関連する紛争はすべてオランダの法律に準拠します。 運送人がその事務所を持つ地区内の裁判所だけが、これらの紛争を認識することを認められています。 顧客は、運送人がフォーラムの選択を呼び出した後1ヶ月以内にフォーラムの選択に異議を唱え、法律に従って管轄裁判所による紛争の解決を選択する権利を有する。